根管治療ROOT CANAL TREATMENT

ROOT CANAL TREATMENT根管治療

できる限り自分の歯を残したい

さいとう歯科クリニックのこだわりポイント

ラバーダム防湿を徹底する

ラバーダム防湿

根管治療時に必ずラバーダム防湿を徹底することで

  • ①治療対象歯に唾液やその他感染源の侵入を防止できる
  • ②術者側からの視野を確保しやすくなり、安全に治療が行える
  • ③治療時に使用する薬剤の漏洩や、器具の誤飲・誤嚥を防止できる

上記したようなメリットがあります。

術前・術後の説明を丁寧に行う

  • 術前術前
  • 術後術後
ラバーダム防湿

「根の治療」と一言で言われても、内容まで理解することは難しいです。少しでもイメージをもってもらえるよう、当院では術前に根管治療に関する資料をお渡ししています。また、治療前後のレントゲン写真もお見せしながら治療の経過・結果を含め、丁寧にご説明させていただきます。

マイクロスコープを使用する

ラバーダム防湿

根管治療において、肉眼では根管の入り口しか見えません。場合によっては、その入り口すら明瞭に見えないことも多々あります。マイクロスコープを使用することで、約5~20倍の拡大視野が得られます。それによって

  • ①より多くの情報が得られる
  • ②精密性が向上する
  • ③術者の負担が軽減する

こういった恩恵が得られます。